佐藤道也さんと『25ansウエディング ジュエリー号』
2017 ジュエリー シュガーが選ばれる理由
『25ansウエディング ジュエリー2017』では、3つのテーマで登場したジュエリー シュガー。今回はそのテーマごとに、記事の内容をかいつまんでご紹介いたします。
この3テーマを読めば、なぜジュエリー シュガーが多くの花嫁たちに支持されるのか、その理由がわかっていただけることと思います。
ジュエリー通からの厚い信頼を誇る名サロン『ジュエリー シュガー』で手に入れる 世界にひとつだけのエンゲージリング

『25ansウエディング』花嫁ブロガーのひとみさんが、ジュエリー シュガーでフルオーダーにチャレンジ!
創業以来、デザインの洗練度と品質の高さで、女優など著名人御用達のサロンとして高い人気を誇るジュエリー シュガー。オーナーである佐藤道也さんの類い稀なるセンス、確かな技術力、そして誠実な人柄は誰もが認めるところで、大切なリングをオーダーするに相応しい安心感があります。
記事では打ち合わせに始まり、デザインの相談、ダイヤモンドの選び方、原型づくり、そして完成へと、リング・オーダーの全行程をドキュメントで詳しく解説。
完成した「世界でひとつだけのエンゲージリング」に、ひとみさんも「“似合う”の微妙なさじ加減まで拾い上げてデザインに起こしてくれるのは、フルオーダーならでは!」と大満足でした。

フルオーダーの一例

お客様との打ち合わせでは、ラフスケッチを描きながらデザインと使用する宝石を絞り込んできます。スケッチを起こし、デザイン画が完成したら、ワックスで原型を作製します。

一週間ほどで原型が完成。リング作りの基となる大事なものですが、この時点ならまだ微調整も可能。実際に使う宝石をワックス型にのせ、指にはめてイメージを確かめることもできます。

打ち合わせから約1カ月半でリングが完成しました。11.5ミリという大粒の南洋玉を支えるのは計0.75ctのダイヤモンド。もちろんグレードはエクセレントです。台座全体にミル打ちを施すことで、エスニックな雰囲気を演出。同じデザインで黒真珠×イエローゴールドを選ぶのも素敵です。
[Pt,パール11.5o・周囲のダイヤモンド0.75ct]

繊細な感性で作り上げる唯一無二の輝き 美しき日本のジュエリー

こだわりのある花嫁に愛される、日本の人気ジュエラー10軒をピックアップして特集しました。
ジュエリー シュガーのページでは、圧倒的に美しいとされるジュエリーには、佐藤さんの「目の届く範囲で仕事を」という一貫して変わらない信念が反映されていることを特筆。
さらにメレダイヤもセンターストーンと同様に、主役級の輝きを有する石のみを厳選していることも伝えています。

特集で紹介されたリングから

[カサブランカ]
大人の女性を中心に人気の高いカサブランカ シリーズ。センターを支える甘すぎない花モチーフが、フェミニンななかにも気高い迫力を感じさせる逸品です。
[Pt,中央0.554ct・周囲0.31ct]

[ラディアントカット]
大粒のラディアントカットがセンターに輝く、知的な印象のリング。アームにステップカットを並べることで、リング全体が美しい輝きを放っています。
[Pt,中央1.59ct・周囲0.76ct]

あなたの疑問にすべてお答えします!ブライダルリング選びのパーフェクトQ&A

佐藤さんの真骨頂ともいえる定番企画! 今年も全6ページに渡り、リング選びのノウハウを伝授していただきました。 創刊以来、1号も欠かすことなく基礎知識を教えていただいていますが、リングを購入する際にこのページを読んでくださった方は、必ず間違いのないお買い物ができていると自負しています。 オンラインでも『自分にはどんなものが似合うの…? 試着編』として特集の一部を公開していますので、ぜひ参考にしてください。 http://www.25ans.jp/wedding/jewelry/ringqanda_17_0417/



Copyright (C) jewelrysugar.jp All Rights Reserved