ジュエリーシュガー

よいリングに巡り会うための基礎知識

一生に一度の大切なリングですから、どんなに素敵なものに出会ったとしても「本当にこれでいいのかしら・・・」と悩んでしまうのは当然です。まず基礎知識として、エンゲージリングの見分け方を覚えましょう。下見では以下を頭に入れて、よいリングを見抜く目を養ってください。

特上の0.3カラットより
上質の0.5カラットを選ぶべし

ダイヤモンドの基準は4Cで決まります。このなかでも特に大事なのはカラットとカラーです。クラリティを重んじる人もいますが、肉眼ではわからないような傷にこだわるのはお金の無駄づかいというもの。いくらきれいでも0.3カラットに100万円も出すなら同じ予算で0.5カラット以上にするべきです。小さな石は年齢をかさねたときに貧相に見える危険性もあるし、単純に面積が広いほうが光ります。ここは見た目は高級品と変わらない程度にクラリティをやや落とし、大きめを選ぶほうが得策です。以上を考慮すると、カラーはF以上、クラリティはVS2以上(ものによってはSI1でも可)、カットはVG以上であれば問題はありません。エンゲージリングの中心価格は約50万円です。0.5カラットでも脇石がつかなければ、それなりのものが購入できますので、そこもひとつの尺度として考えてください。 リングを購入するときはダイヤモンドに目がいきがちですが、どんなにグレードの高い石でも、枠(アーム)の完成度が低いリングは美しくありません。鑑定のポイントを図解しましたので、参考にしてください。

これが最初で最後の
リングだと思うべからず

ブライダルリングを購入するときは、これが最後と思わずに発展性のあるリングといのは、将来的にネクストリングで盛り立てることが可能なリングです。例えば0.3カラットが並ぶ大きめの一文字などはそれ自体で完成しているので、意外とコーディネイトが難しいものです。2カラットのひとつ石に魅力を感じていても、今の若さに似合わないこともあります。そんなときは1カラット弱にしておいて、将来はボリュームのあるパヴェのピンキーリングなどプラスすればよいのです。お店の人と、今後の展開も相談しながら決めていきましょう。 コーディネイトの基本は第一にメインとサブを明確にすること。メインとは大小に関わらず、センター石のあるものです。50万円のひとつ石に100万円のメレのリングを合わせても、それでメインとサブが逆転することはありません。次に大切なのは片手で終わらせないことです。エンゲージを盛り立てるというと左手の薬指への重ねづけを考えがちですが、サブとメインを左右に分けるとまた世界が広がります。

彼の家族と喧嘩してまで、
自分の意志を通すべからず

お義母さまのなかには、一緒にリングを選ぶことを楽しみにしている方もいます。今後のことを考えると余計な波風は立てたくありませんが、最初からお義母さまが同席すると、好みとかけ離れたものをすすめられる危険性もあります。そんな場合は、まず下見で自分の欲しいものを大体決めてから「いろいろ教えていただかなければならないこともあるし、一緒に見ていただけませんか?」とお誘いしましょう。そして「こういうものが好きなのですが」と控えめなリングを提示すれば、お義母さまとしては息子の嫁にはきちんとしたものをつけてほしいとおもいますから、「ちょっとこれでは…」と、援助してもらえることもあります。 会社では案件を通す場合も肝心なところでは上役にお伺いを立てますが、それと同じです。我を通して険悪なムードにならないように、可愛いお嫁さんを心がけましょう。

「日常づかい」の
正しい意味を理解すべし

「いかにもというリングは使いづらい」と日常づかいにこだわる方がいます。けれどきれいなエンゲージなら、日常で使えないことはまずありません。それよりも危険なのは日常を意識するあまり、かえってどれにも合わないタイプを選ぶケースです。よそゆきで外出するときに使えるリングというのは、ほかのシーンでも60%程度は合うものですが、極端にカジュアルなものを選ぶと、本当に普通の場所でしか使えなくなってしまいます。「日常」の範囲とはどの程度のものなのかをよく考えましょう。近所での買い物に、ダイヤモンドは必要ありません。どこに行くのにもダイヤモンドをつけて乱暴に扱ってしまうと、せっかくのリングも輝きを失ってしまいます。彼と食事に出かけるなどちょっとした外出のときにつけ、帰宅したらはずしてきちんと保管する。これも立派な日常づかいです。